満足度の高い100円自転車アイテム

満足度の高い100円自転車アイテム

今回レビューをしてみた100円均一ショップの自転車アイテムの中で、特に満足度が高かったものをご紹介しましょう。本当の価格はもちろん105円(税込)なのですが、この商品ならもう少し値段が高くても買って損は無い、と思えるものをピックアップしました。

自転車用スーパーバルブセット(ダイソー)

 

バルブセット


自転車の空気がどんどん減るのでパンクしていると思ったら実は、虫ゴムが悪かったということを良く聞きます。虫ゴムは一般的には半年で悪くなるといわれていますが、実際には1年〜2年交換しないというようなことはザラですね。しかし、老朽化している虫ゴムの自転車に乗っていると、いざ必要なときに空気が抜けている!というようなトラブルに見舞われるかもしれません。ダイソーのスーパーバルブは虫ゴムが無く、変わりに金属製の逆流防止弁が付いて、虫ゴムの10倍長持ち!という触れ込みのバルブです。形は英国式(ママチャリや小径車などで使われている一般的なバルブ)のみ。実際に付けてみると、確かに空気を入れるのが楽で空気漏れも少なくなりました。今までは1ヶ月に1度ぐらいの割合で調整のために空気を入れていましたが、3ヶ月程度は持つようになりました。

自転車用空気入れ(セリア)

 

空気入れ

 

自転車の空気入れは結構場所を取ります。そのため小型の空気入れが欲しいのですが、自転車店で扱っている小型の空気入れは結構な値段がします。自転車のバルブは英国式、仏式、米国式と主に3タイプがあるため、一般には3タイプに対応するようなアタッチメントが付いているのですが、複数の自転車を持っていない限り、他のアタッチメントは不要なことが多いです。セリアの100円空気入れは英国式にしか対応していませんがシティ車、小径車の多くは英国式バルブであるため、必要十分な装備と言えるでしょう。ハンドルがT字ではなくキノコの頭のような丸い形状になっていて、全長も短いためT字のものと比べると空気を入れる動作には多少苦労するかもしれません。しかし空気を入れる作業自体はそこまで頻繁なものではありませんので、トータルでは場所をとらないというメリットの方が強調されます。

バックミラー小(キャンドゥ)

 

バックミラー小

 

自転車事故が増加傾向にあるというニュースを良く耳にします。ヘルメットを付けたり、夜はちゃんとライトをつけるなど、日頃から安全運転を心がけている人でも、自転車にバックミラーを取り付けている人はそう多くないのではないでしょうか?厳密には自転車は歩道でなく道路の左端を走らなければなりません。とはいえ道路には違法駐車の自動車が停まっていたり、道路側には膨らんで走らなければならいシチュエーションが多々あります。このようなときにはバックミラーの有難みが特に良く分かります。100円ショップでは「くねくねミラー」と「自転車ミラー小」の2種類のミラーを見つけることができました。特に満足度が高いのは「自転車ミラー小」の方です。こちらは仰々しいものではありませんので、ママチャリとの相性が良いです。100円には見えませんし、機能面も自転車専門店で扱っている高価なバックミラーと比べて遜色がありません。気をつけたいところは、クロスバイクや小径車などのストレートハンドルの自転車ではミラーが少し内側に入りますので、後方がやや見え難いところです。