自転車ロックレビュー

ブランド別自転車ロックレビュー

ダイソーでは、長さ45cmの鮮やかなグリーンのものと、グリーンのものとは種類が異なる75cmのブラウンのワイヤー錠を購入しました。似てはいますが別のメーカーが製造しているものと思われ細かいところに違いがありました。ブラウンの方は錠前分に「WIRE LOCK DAISO D106」という品名が書かれています。こちらの鍵部分は非常に微細にではありますが、金属部に少し腐食のような跡があり、皮膜のカラーもややチャチな印象を受けます。

 

ダイソー自転車ロック

 

一方グリーンの方は錠前のプラスチックにバンプがあり「DOING DAISO」と書かれています。カギを差し込んだ感じではグリーンの方がスムーズで作りの良い印象を受けました。ブラウンは鍵を挿入する際やや引っかかりを感じました。毎日使うものですからこの引っかかり感はストレスを感じますね。これは商品の個体差かもしれませんが、ここではグリーンの方が良い商品であるように感じました。


グリーン、ブラウンの両方ともワイヤーが太すぎないため取り回しが楽です。ツーロックのための鍵としての利用には非常に良いかもしれません。ガードレールなどの構造物へ固定しないのであれば、長さは45cmで十分です。

 

セリア自転車ロック

 

セリアでは、クリアーグリーンの皮膜のワイヤーを購入。長さは68cm、ワイヤー径は5mmです。他の店の商品と異なる点は、ワイヤーのホルダーが付属していること。サドルのポストに専用のホルダーを取り付けて、走行時にはそこに邪魔にならないようにホールドできるようになっています。前カゴが無い自転車などでは便利ですね。このワイヤー錠は、コイルワイヤー(スパイラル状にクセ付けがされていて勝手に丸くなるタイプ)です。コイルワイヤーはストレートなワイヤーと比べて取り回しがし難いところがあり、人によって好みが分かれるところです。良く選んで買うようにしたいですね。

 

キャンドゥ自転車ロック

 

キャンドゥでは、皮膜が薄く透明なコイルワイヤー錠を購入。引き回しにちょっと手間取るコイルワイヤーですが、全長が95cmと長い目なので構造物への固定にも向いています。キャンドゥとセリアのワイヤーロックは同じメーカーが作っているように見えます。どちらの商品も錠前の部分はしっかりとしていて、日ごろの利用には全く問題が無いように思います。