100円自転車ロック

100円自転車ワイヤーロックの性能は…

ワイヤーロックはどの100円ショップにも扱いがありました。ワイヤー素材のもの、昔ながらのチェーン式のもの。カラー、長さ、皮膜素材の有無。数字ダイヤル式のものからカギ式のものまで、様々な種類のロックを見つけることができます。ワイヤー素材ではなく、昔ながらのチェーンを皮膜で覆っているタイプのものはやはり少し弱っちくサビにも弱そうなイメージがありますね。ここではワイヤータイプのものを中心にレビューをすることにしましょう。

 

自転車ワイヤーロック

 

長さにして30cmから75cm程度、太さは5mmから7mm程度のものが中心です。この太さであれば片手用のワイヤーカッターでも切断することが可能です。そのため高級な自転車のロックには向いていません。とはいえ、高級な良いロックを買ったところで、自転車盗難犯はそれを見越した道具を用意しているので、盗難を完全に防ぐことができないという点では、いずれにせよ程度の問題にすぎません。


皮膜は塩化ビニル、ワイヤーやロック金具はスチールでできています。そのためか、ほとんどの商品に注意書きとしてカギ部に時々注油をする旨が書かれています。自転車のロックは雨にぬれることもあるでしょうから、その際にはメンテナンスを行わなければサビてしまって、ロックとして機能しなくなってしまうのでしょう。良く注意したいところです。潤滑油も100円ショップで購入できますので一緒に購入しておくと良いでしょう。
カギの役目は盗難防止ですから、錠部分の作りを良く見てみることにしましょう。カギ式とダイヤル式ではカギ式の方が品揃えが豊富です。ダイヤル式のものはややガタツキが多いように見えます。このガタを利用してダイヤル錠の番号を見つける方法がありますので、少し心もとなく感じます。実用を考えるのであれば、カギで開くタイプのものをチョイスしたいですね。カギ式のものは、鍵を無くす不安がありますが、どの商品も鍵が2つ付属するようになっていました。鍵の形状はそこそこに複雑で、それなりにきちんと作られている印象を受けます。
ダイソーで2つ、セリアとキャンドゥで1つのワイヤーロックを購入。それでは商品ごとのレビューを行いましょう!